第35回鹿島ガタリンピック

35TH

KASHIMA

GATALYMPIC

大会テーマ「バケる。」

開催日時

令和元年6月2日

11:00 START

場所

道の駅かしま

大会テーマ「バケる。」

日常にはない干潟という非日常のステージで、潟まみれになって身も心も「化ける」という意味。関わる全てのみなさまに鹿島ガタリンピックを特別な休日(バケーション)と感じていただきたいとの想い。その二つの「ばけ」を掛け合わせて第35回鹿島ガタリンピックのテーマを「バケる。」と選定しました。

鹿島ガタリンピックとは

日本一干満の差が大きい(6M)広大な有明海の干潟を利用した、干潟の上で行う運動会がガタリンピック・ゲームです。
昭和59年、佐賀県の総合計画が発表され、私たちの愛するふるさと『鹿島』には‘新幹線も高速道も通らない’事が明らかになりました。 時の青年会議所理事長 桑原允彦(前鹿島市長)は、市内の若者達に呼びかけ、むらおこしグループ『フォーラム鹿島』を結成しました。 そして昭和60年5月3日、第一回鹿島ガタリンピックが開催されました。
 今まで、誰もが見向きもしなかった干潟を「負」の財産から、地域の貴重な財産へと活用しました(逆転の発想)。 そして、この干潟は日本でも珍しく、また、『鹿島』という地域の個性を表すことができたのです。

有明海

鹿島市の東に広がる有明海は、総面積約1700平方キロメートルで東京湾や伊勢湾とほぼ同じくらいの内海です。

水深は深いところでも20数メートルの浅い海ですが、有明海の一番の特徴は、潮の満ち引きの大きなことと、そこに広がる広大な干潟でしょう。そしてそこに棲む珍妙な生き物たちでしょう。

​潮の干満の差は、有明海の奥にいくほど大きく、5メートル〜6メートルにもになり、これは断然日本最大です。大潮のときには約8600ヘクタールにも及ぶ干潟が出現します。干潟とは潮が引いたときに現れる海底のドロなのです。地元ではこの干潟をガタと呼んでいます。有明海の干潟の大部分は砂ではなくて軟泥干潟です。

© 2019 鹿島ガタリンピックAll rights rserved お問い合わせinfo@gatalympic.com

  • Grey Facebook Icon